タランティーノ作品ということで

録画していた『デス・プルーフinグラインドハウス』(2007年/監督:クエンティン・タランティーノ)を観る。車を使う殺人鬼とスタントウーマンの対決を描いたアクション映画です。

凶器用に改造した愛車で元スタントマンのマイク(カート・ラッセル)は、ジャングル・ジュリア(シドニー・ターミア・ポワチエ)や仲間の女の子たちを血祭りにあげます。それから14か月後、スタントウーマンのゾーイ(ゾーイ・ベル)は、映画『バニシング・ポイント』に登場した憧れの車70年型ダッチ・チャレンジャーを見つけ、仲間と試乗。さっそくボンネットに乗り、危険なスタントライドを楽しんでいると、マイクが現れ襲ってきます。激しいカーチェイスの結果……

B級映画ばかり2本立て・3本立てで上映する映画館グラインドハウス(日本でいえば二番館・三番館)を現代に甦らせるべく、クエンティン・タランティーノロバート・ロドリゲスがホラー映画を競作した二本立て映画のタランティーノ版。フィルムに雨を降らせたりして雰囲気を作り上げています。

ゾーイ・ベルは本物のスタントウーマン(『キル・ビル』でユマ・サーマンのスタントを担当)で、CGなしのカーアクションは迫力満点。はっきり言ってカーチェイスだけが見せ場の映画です。前半部分のメインキャストのシドニー・ターミア・ポワチエは、シドニー・ポワチエジョアンナ・シムカスの娘ね。タランティーノもバーテン役で出演していま~す。

画像は、ユマ・サーマンゾーイ・ベルゾーイ・ベルって、ユマ・サーマンを頑丈にした感じですな。

f:id:nostalji:20200729073125j:plain