週末は名作映画

録画していた『鉄道員』(1956年/監督:ピエトロ・ジェルミ)を観る。主題歌だけは何度も聴いて知っていましたが、この齢まで未見だった作品です。

仕事熱心な鉄道機関士のアンドレア(ピエトロ・ジェルミ)は末っ子のサンドロ(エドアルド・ネヴォラ)からは英雄のように慕われていますが、厳格で律儀一徹な態度で長男のマルチェロ(レナート・スペツィアリ)や長女のジュリア(シルヴァ・コシナ)からは敬遠されています。妻のサラ(ルイザ・デラ・ノーチェ)はそんな夫に忍従。ある日、アンドレアが運転する特急列車に若い男が投身自殺。そのショックで赤信号を見過ごし、衝突事故を起こしかけて降格されます。アンドレアの生活は荒み、マルチェロとジュリアは家を出ていき、鉄道のスト破りの汚名も着せられ、暗い月日が流れてゆきますが……

当時の日本の社会にもありそうな設定ですね。イタリアが身近に感じられます。サンドロの父親アンドレアに対する気持ちがよく描かれていて、涙腺がゆるみますよ。エドアルド・ネヴォラは名子役です。それと、不良息子のマルチェロがネックレスを持ち出そうとするのを知りながら、黙ってそれを置いておく母親役のルイザ・デラ・ノーチェも名演。美人というだけのイメージしかなかったシルヴァ・コシナも演技力があるじゃありませんか。カルロ・ルスティケリの音楽が、映画の哀感を一層盛り上げていま~す。

f:id:nostalji:20200915110306j:plain

画像は、カルロ・ルスティケリの娘アリダ・ケッリが歌う「鉄道員」のレコードジャケット。ラストシーンの、朝早く勤めに出る男のサラへの挨拶、学友がサンドロ少年に呼びかける声、工場のサイレンの響きなどがメロディーに重なって聞こえ、劇中でこの歌が流れると思っていたのですが、映画の中には歌はなく、このメロディーを使ってテストーニが詞を書き、「あなたに捧げましょう」という曲目でレコード化されたものでした。アレンジしたのは、映画音楽家になる前のエンニオ・モリコーネです。

 

墓参や母の定期検診の付き添いなどで本日より帰省。日記は28日まで休みます。

韓国時代劇だが

録画していた『王宮の夜鬼』(2018年/監督:キム・ソンフン)を観る。朝鮮王朝を舞台にしたゾンビアクションです。

兄が死んで清国から帰ってきたイ・チョン王子(ヒョンビン)は、港の近くの村で、咬まれると白目になり牙が生え、人の生き血を求める夜鬼と遭遇。迎えにきていたパク従事官(チョ・ウジン)たちと都へ知らせに行きますが、王の側近キム・ジャジュン(チャン・ドンゴン)は夜鬼を利用して国家転覆を謀っており、宮廷は夜鬼であふれはじめ……

全くのフィクションで名前は変えていますが、第16代王・仁祖の時代を想定していますね。チャン・ドンゴンの悪役というのは珍しいですが、これが半端なく強い。ヒョンビンがどうやって倒すかが、アクションの見どころです。ドラマとしての中身は薄いですが、夜鬼相手のチャンバラ・アクションは迫力充分。

夜鬼は、焼いて灰にするか、首を斬り落とすか心臓を突き刺ささない限り死にません。日光に弱く、昼間は安全。ゾンビと吸血鬼の合いの子のようなものですな。感染力が強く、咬まれると2時間くらいで夜鬼になります。運動能力が高い(走って逃げても追いつかれる)ので、大群で来られると助かりませ~ん。

f:id:nostalji:20200917123421j:plain

 

ダニー・トレホ関連で

録画していた『ブライド・ウエポン』(2014年/監督:ジョン・ストックウェル)を観る。夫を誘拐した犯罪組織と戦う凄腕妻の物語です。

エバジーナ・カラーノ)は夫のデレク(カム・ジガンデイ)と新婚旅行でカリブのリゾート地を訪れます。デレクが谷を渡る滑走式リフトから落下し、救急車で運ばれたまま行方不明。警察に相談してもガルシア警部(ルイス・ガスマン)は非協力的で、逆に夫の遺産を狙う犯人扱いされる仕末。幼い頃から格闘術を学んでいたエバは、デレクの失踪に悪徳医師や犯罪組織が絡んでいることをつきとめ、関係者を一人ずつ追い詰めていきますが……

酒場でギャングのダニー・トレホジーナ・カラーノを踊りに誘い、断ったジーナがトレホの手下をぶちのめしたのでトレホが事件の黒幕かと思いきや、黒幕はトレホと敵対する犯罪組織の親分のアマウリー・ノラスコ(海外ドラマ『プリズン・ブレイク』で知った顔)でした。誘拐目的は自分の病気治療に必要な骨髄液を採取するため。トレホ爺さんは、ラストでジーナ援護と縄張り独占のためにノラスコ一味を一掃。ジーナ・カラーノは元総合格闘家ぶりを発揮して、夫を誘拐した悪党を片っぱしからやっつけていきますが、こんな嫁さんをもらったら浮気なんてできませんねェ。

f:id:nostalji:20200915110040j:plain

 

B級アクションの顔

録画していた『弾丸刑事(デカ)怒りの奪還』(2014年/監督:ニック・ライオン)を観る。孫を誘拐した犯罪組織と戦う凄腕刑事の物語です。

暗黒街の帝王カリート(ジョナサン・バンクス)は、死刑判決をうけた息子のマヌエルを救うために州知事ジョン・サヴェージ)の娘と刑事バレット(ダニー・トレホ)の孫マリオを誘拐します。バレットはカリートによって汚職の濡れ衣を着せられ警察に終われる身になりますが、マリオを取り戻すために復讐の鬼となり、カリートの組織を追い詰め……

凄顔の凄腕爺さんのダニー・トレホが、バカ息子思いの犯罪組織の親玉と対決するだけの作品。何度も捕まっては、何となく抜け出して、決して死なないという典型的なB級アクションヒーローですな。退屈しのぎになりま~す。

f:id:nostalji:20200915105937j:plain

 

SFアクション続きで

録画していた『サイキッカー超人覚醒』(2019年/監督:タイス・ムーウェーゼ)を観る。治療困難なウイルス治療薬を手に入れようとする市民集団と治療薬独占企業の兵士との戦いを描いた劇場未公開のオランダ製SFアクションです。

治療困難な病気をもたらすウイルスによって多勢が死んだ近未来。治療薬を開発したカンパニーは高価な治療薬を売って莫大な利益をあげており、治療薬を変えない貧困層(市民の大半)のために抗議する集団がカンパニーの傭兵に襲撃されリーダーの娘モリー(ユリア・バテラーン)が連れさられます。それから8年後、カンパニーに抵抗していたデヴィッド(デイヴ・マンテル)たちは、カンパニーが病気の根治薬を隠し持っているという情報を得て、その施設に潜入。根治薬はなく、囚らえられていたモリーを救出しますが……

昨日の『ジェミニマン』が60点なら、これは-60点。低予算映画でもそれなりに面白いものは作れるはず。脚本がダメで、ただ揺らすだけのカメラ映像の酷さ、ヒロインの魅力なさ、1スジ・2ヌケ・3ドウサのどれも悪いんじゃ取り柄なしで~す。

f:id:nostalji:20200913155939j:plain

 

SFといっても

録画していた『ジェミニマン』(2019年/監督:アン・リー)を観る。最強のスナイパーと彼を倒すために生み出されたクローンとの戦いを描いたSFアクション映画です。

引退を考えていた伝説的暗殺者ヘンリー(ウイル・スミス)は何者かに襲われ、自分を監視していたダニー(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)を問い詰めますが、ダニーも一緒に襲われ二人で逃走。正体不明の襲撃者はヘンリーの動きや考えを見越しており、ヘンリーも相手の行動が何故か予測できます。襲撃者は若い自分自身のクローン(ウイル・スミスの二役)で、背後にいるのがかつての仲間で現在は軍需会社ジェミニ社の社長ヴァリス(クライブ・オーエン)とわかり……

CG処理により、青年のウイル・スミスと少年のウイル・スミスが出てきます。SFらしいのは、そこだけね。あとは、劇的な展開があるわけじゃなく、通常のアクション映画と変わりありません。齢をとってもバイク・アクションはなかなかのもの。トム・クルーズといい勝負ですな。ウイル・スミスが好きなら楽しめるでしょうが、私はそうじゃないので、退屈しない程度のものでした。

f:id:nostalji:20200913155834j:plain

 

今週の放送映画

日曜日は、今週テレビで放映される映画をチェック。

本日は、BS日テレ:『TAXi③』

14日(月)は、日本テレビ:『アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング』、テレビ東京:『2ガンズ』、BSプレミアム:『沈黙-サイレンス-』『探偵物語

15日(火)は、テレビ東京:『バックドラフト』、フジテレビ:『ベスト・キッド』、BSプレミアム:『ボーダー』、BS-TBS:『007/美しき獲物たち

16日(水)は、テレビ東京:『ステルス』、BSプレミアム:『夜霧よ今夜も有難う』、BSテレ東:『沈黙のステルス』『アイガー北壁』

17日(木)は、テレビ東京:『アメリカン・アサシン』、BSプレミアム:『道』

18日(金)は、テレビ東京:『ザ・スナイパー』、BSプレミアム:『レッド・サン』

19日(土)は、テレビ東京:『バラキ』、BSプレミアム:『ヴァン・ヘルシング』、BS日テレ:『ワイルド・スピード MEGA MAX』、BS-TBS:『フェイク』、BSテレ東:『男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花』、BS12:『ティアーズ・オブ・ザ・サン』が放映されます。

『夜霧よ今夜も有難う』は、石原裕次郎の歌謡アクション。裕次郎のヒット曲があって、それをモチーフに映画化。内容は、名作『カサブランカ』の焼き直しね。

『道』は、映画は見ていなくても音楽(ニーノ・ロータの物哀しいメロディ)だけは知っている人は多いんじゃないかな。私も去年までそうでした。死ぬまでに観ておきたい名作です。

『レッド・サン』は、三船敏郎チャールズ・ブロンソンアラン・ドロンと共演したサムライ・ウエスタン。監督はアクション映画では定評のあるテレンス・ヤング

そのテレンス・ヤングが監督、チャールズ・ブロンソン主演が『バラキ』ね。イタリアの大物製作者ディノ・デ・ラウレンティスが『ゴッドファーザー』に対抗して作ったマフィア映画で、ドラマとしての厚みはありませんが、実録マフィア映画としての面白さは抜群です。画像は、『バラキ』の映画パンフ。河原畑寧、関口英男(マフィア研究家)、増淵健(映画評論家)が解説を載せていま~す。

f:id:nostalji:20200913065808j:plain