溜まってきたので

録画したままだった『金田一少年の事件簿・上海魚人伝説』(1997年/監督:堤幸彦)を観る。テレビの人気ドラマの劇場版。主演の堂本剛とともさかりえが私の好みでなかったのでテレビは見ていないのですが、原作のマンガは息子たちが読んでいて、私もついで…

週に一度は西部劇

録画していた『荒野の渡り者』(1965年/監督:アルバート・バンド)を観る。フランコ・ネロがブレイクする前に出演していた初期のマカロニウエスタンです。 南北戦争が終わり、コーディン家の長男ロン(ゴードン・スコット)が帰還。北テキサスの大牧場主で…

懐かしの大作映画

録画していた『ヴァイキング』(1958年/監督:リチャード・フライシャー)を観る。歴史に名高きヴァイキングの活躍を初めて映画化した大作です。 西暦9世紀の頃、ヴァイキング王ラグナー(アーネスト・ボーグナイン)は、イングランドに攻め入り、王を殺し…

ベルモンド関連で

録画していた『大頭脳』(1969年/監督:ジェラール・ウーリー)を観る。NATOの秘密軍資金を狙う悪党たちを描いたアクションコメディです。 相棒のアナトール(アンドレ・ブールビル)の協力で刑務所を脱獄したアルトゥール(ジャン・ポール・ベルモンド…

リオからカトマンズへ

録画していた『カトマンズの男』(1965年/監督:フィリプ・ド・ブロカ)を観る。殺し屋につけ狙われるジャン・ポール・ベルモンドが香港・ネパールと逃げ回るコミカルアクションです。 莫大な財産を持つアルデュール(ジャン・ポール・ベルモンド)は生きが…

懐かしの仏映画

録画していた『リオの男』(1963年/監督:フィリプ・ド・ブロカ)を観る。ジャン・ポール・ベルモンドが事件に巻き込まれた恋人を助けてブラジルで大暴れするコミカルアクションです。 航空兵アドリアン(ジャン・ポール・ベルモンド)は、2週間の休暇で恋…

懐かしの東宝ノワール

録画していた『血とダイヤモンド』(1964年・東宝/監督:福田純)を観る。3億円のダイヤの原石をめぐるクライムアクション。 宇津木(田崎潤)をボスとするギャング団は税関から運び出される3億円相当のダイヤの原石を狙っていましたが、横合いから小柴(…

懐かしの東映ギャング映画

友人に送ってもらった『東京ギャング対香港ギャング』(1964年・東映/監督:石井輝男)を観る。麻薬の取引をめぐって東京ギャングと香港ギャングが対決するアクション映画です。 大岡(安部徹)興業の北原(高倉健)は麻薬取引のために香港にやってきます。…

B西部劇二本立て

西部劇パーフェクトコレクションの『正義のカウボーイ』と『平原の嵐』を観る。B西部劇二本立てで、これで最後です。 『正義のカウボーイ』(1947年/監督:ウィリアム・バーク)は、町中の土地を支配しようとする悪党と戦うカウボーイの物語。 投資事業を…

ワースト西部劇

西部劇パーフェクトコレクションの『ネブラスカの砦』(1953年/監督:フレッド・F・シアーズ)を観る。ネブラスカの荒野を舞台に騎兵隊スカウトの活躍を描いた物語。 騎兵隊スカウトのハーパー(フィル・キャリー)は、スー族の酋長を殺したとされるウイン…

未見だったというだけ

西部劇パーフェクトコレクションの『決闘の黒幕』(1953年/監督:ウィリアム・ボーダイン)を観る。クォーターホースの調教とレースにかける少年の物語。 野生馬を調教していた父親が落馬して死に、牧場を奪われた若者ビル(チャック・コートニー)は、叔父…

西部劇コメディといっても

西部劇パーフェクトコレクションの『腰抜け千両役者』(1950年/監督:ジョージ・マーシャル)を観る。英国の執事になりすましたヘボ役者が西部で英国流の行儀作法を教えようとする喜劇映画。 1900年代の初め、ニューメキシコの成金奥様(リー・ベンマン)が…

シンギング・カウボーイ

西部劇パーフェクトコレクションの『ネバダの春』と『追撃の銃弾』を観る。シンギング・カウボーイ二本立てです。 『ネバダの春』(1947年/監督:ウィリアム・ウィットニー)は、密猟者と戦うロイ・ロジャースの物語。 レイジー牧場に馬を届ける途中でロイ…

実録ものだが

西部劇パーフェクトコレクションの『復讐の六拳銃』(1941年/監督:レイ・エンライト)を観る。実在のアウトロー、ヤンガー兄弟の物語です。 南北戦争が終わり、コール(デニス・モーガン)・ボブ(ウェイン・モリス)・ジム(アーサー・ケネディ)のヤンガ…

懐かしの顔が

西部劇パーフェクトコレクションの『荒野の戦士』(1952年/監督:カート・ニューマン)を観る。先住民の平和に命をかけたインディアン戦士の物語です。 オジブウェイ族のハイアワサ(ヴィンセント・エドワーズ)は平和主義者でしたが、プッキーウィス(キー…

今週は西部劇

西部劇パーフェクトコレクションの『荒野の覆面男』(1946年/監督:ジョセフ・ケイン)を観る。無法者と酒場の歌姫の恋物語です。 ゴールドラッシュのカリフォルニア、弟が殺されても法が整備されてなくて犯人が罪にならなかったことからジョニー・バレット…

好き嫌いは別にして

アントニオ猪木が亡くなり、関連本がいろいろ出版されています。『逆説のプロレスVOL.22 アントニオ猪木』(双葉社:2022年12月1日第1刷発行)もその一つ。 猪木個人との交遊録、思い出、エピソードなど猪木礼賛であふれ返っている中で、意外と辛口記事が…

ポイントでゲット

最近は何でもかんでもポイントサービスがあり、知らないうちに溜まっていたポイントで、コンプリート本『キネマ旬報ベスト・テン95回全史』(キネマ旬報社:2022年5月26日初版発行)をゲット。 1924年から2021年までのキネマ旬報が選出した映画ベスト・テン…

殺陣のできる役者なので

録画していた時代劇『燃えよ剣』(2021年/監督:原田真人)を観る。クランクアップから公開までコロナの影響で2年もかかった作品。 物語は土方歳三(岡田准一)が想い出を語るという形で始まります。武州多摩での近藤勇(鈴木亮平)や沖田総司(山田涼介)…

未見だったので

録画していた時代劇『必殺始末人』(1997年/監督:石原興)を観る。映画『必殺!主水死す』でいったん幕を閉じた“必殺”シリーズでしたが、翌年に新たな“必殺”として製作された作品です。 鳥かご作りの浪人・山村只次郎(田原俊彦)は、かもめという女性(南…

続いて

録画していた時代劇専門チャンネルの『三屋清左衛門残日録-あの日の声-』(脚本:いずみ玲、監督:山下智彦)を観る。これまた毎年制作されている人気シリーズの6作目です。 孫の成長に喜びを感じながら穏やかな日々を過ごしている三屋清左衛門(北大路欣也…

時代劇から

録画していた『必殺仕事人2023』(脚本:西田征史、監督:石原興)を観る。1年に1回といったような感じで制作されているお馴染み時代劇。 鬼面風邪が蔓延し、疫病改方長官として天野(西村まさ彦)が就任します。渡辺小五郎(東山紀之)は、与力の増村(幾…

週に一度は西部劇

録画していた『新・夕陽のガンマン~復讐の旅』(1967年/監督:ジュリオ・ペトローニ)を観る。マカロニブーム下降期の1968年4月に公開された出来の良いマカロニ西部劇。惹句は、「夕陽が燃える!復讐に賭けた男が燃える!荒野の果て、五人の仇を追ってガ…

懐かしのテレビ西部劇

録画していた『ドクター・クイン大西部の女医物語』のシーズン1を観了。 『ドクター・クイン』は、西部開拓時代を舞台に、女医として活躍するミケーラ・クインを主人公にしたヒューマン西部劇です。6シーズン(全140回)に亘って放送された人気ドラマ。日…

最後の任侠映画ということで

録画していた『日本任侠道・激突編』(1975年・東映/監督:山下耕作)を観る。任侠道に生きる親分を中心に、義理・人情・掟に縛られた男たちを描いた正統任侠映画です。 八王子は竜神一家の竜崎市蔵(高倉健)が仕切っていますが、恋女房のお幸(大谷直子)…

若き日の健さん

友人に送ってもらった『無敵社員』(1957年・東映/監督:津田不二夫)を観る。正義感あふれる青年がヤクザまがいの不動産屋をやっつける物語。 黄金バッテリーだった谷(高倉健)と野本(山本麟一)は野球を捨て、デパートに就職していますが、ホワイト・ベ…

懐かしのB級時代劇

友人に送ってもらった『お役者変化捕物帳・血どくろ屋敷』(1961年・東映/監督:河野寿一)を観る。金座を自分のものにしようとする勘定奉行を正義の浪人が成敗。 天下の浪人・霞一平(高田浩吉)は、今小町と評判のお光(扇町景子)と遊び人の半吉(星十郎…

懐かしの時代劇

友人に送ってもらった『恋山彦』(1959年・東映/監督:マキノ雅弘)を観る。1937年にマキノが阪東妻三郎主演で監督した作品のセルフリメイクです。 信州伊那の山奥を所領とする平家一族の末裔・伊那小源太(大川橋蔵)は、三味線の名器・山彦を狙う柳沢吉保…

時代劇から

録画していたNHKの正月時代劇『いちげき』を観る。宮藤官九郎が脚本を手掛けた青春エンターテインメント時代劇。 時代は幕末、江戸の町を荒らす御用盗に対して勝海舟(尾美としのり)は、島田(松田龍平)と和田(工藤阿須加)に命じて、農民によるゲリラ…

週に一度は西部劇

録画していた『奴らを高く吊るせ!』(1968年/監督:テッド・ポスト)を観る。レオーネの“ドル三部作”で世界的スターとなったクリント・イーストウッドが、アメリカに帰って主演した西部劇です。 ジェド(クリント・イーストウッド)は、牛泥棒の嫌疑をかけ…